キャッシングなどでお金を借りたい場合は、銀行や消費者金融で借入を行うという選択肢があります。最近ではどこであっても簡単に申し込みを行えるようになっており、利用者にとってとても利便性の高いものになっています。

保証人などが必要になることは少ないので、多くの方が気軽に申し込みを行うことが出来るはずです。ただ、こうしたキャッシングなどの利用には借入が出来るようになるまで時間がかかる場合もあり、少しでも早くお金を融資してもらいたいという方には向いていないでしょう。すぐにお金を用意したいという時に、申し込みをしたその日のうちにお金を借入ることが出来ればとても助かりますよね。

そのような場合には即日に借入を行えるサービスを提供している会社を利用することをお勧めします。基本的に大手の消費者金融であればほとんどの会社が即日融資をすることが可能となっており、テレビのCMなどでも即日融資を宣伝しているケースがとても多いです。

急いでいる方は、まずはインターネットなどでどの会社が即日融資を行っているのかを調べてみると良いでしょう。その中で自分が一番利用しやすいと感じたところに申し込みをしてみるべきです。

一部ですが、人気の即日融資可能なカードローン・キャッシングを下記に記載しています。

融資元 即日融資 金利(実質年率)
アコム 4.7%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 4.8%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
新生銀行レイク 4.5%~18.0%

借入の申し込みにはいくつか方法があります

即日に借入をするためには申し込みの段階から気をつけることがあります。まず、郵送では即日に借入をすることは無理なのでやめておきましょう。即日に融資を受けるための申し込み方法として適切なものは、インターネットからの申し込みと無人契約機による申し込み、店頭に行って直接申し込むという3つの方法です。

この中で一番手軽に行うことが出来るのはインターネットでの申し込みでしょう。消費者金融のサイトから申し込みのページに進み、必要事項を記入すれば良いだけです。申し込みが完了してから数十分で審査の結果が出て、契約をすることが出来るのです。

その後はすぐにキャッシングなどのサービスを利用できるようになるので、即日に借入を行うことが出来ます。また、インターネットが使えないという場合は無人契約機を利用すると良いです。

無人契約機は多くの場所に設置されているので、家の近くにあるか確認してみましょう。無人契約機ではタッチパネルを操作して申し込みを進めていきますが、きちんと音声で案内をしてくれるので問題なく申し込みを行うことが可能なはずです。もし一人で申し込むことに不安を感じるのであれば、店頭で担当者の方に相談しながら申し込むと安心できるのでお勧めです。

無人契約機を設置しているキャッシング・カードローンは下記の通りです。

融資元 自動契約機 融資限度額
アコム 1万円~500万円
プロミス 1万円~500万円
モビット 1万円~500万円
アイフル 1万円~500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 10万円~500万円
新生銀行レイク 1万円~500万円

審査では勤続年数も重視されます

キャッシングを利用するためには申し込みをすることの他に大切なことがあります。それは審査に通るということです。審査では申し込みを行った方の仕事や年収、どの程度継続して働いているか、安定性はあるかなどの情報を基に判断されます。

特に勤続年数は長ければ長いほど良く、長い勤続年数がある方は安定した収入を確保しているので返済能力もあるという判断をされます。逆に勤続年数が1年未満など少ない場合は審査に落とされてしまう可能性も高くなってしまうので注意しておきましょう。

もし申し込みをした方がフリーターであっても、アルバイトの勤続年数が長く毎月安定した収入を得ることが出来ていれば審査に通り、キャッシングなどのサービスを利用できる可能性はあるのです。また、他社からの借入がある状態だと審査に通りにくいので、今現在他の会社から借入が無い状態で申し込みを行うべきです。

審査はインターネットや無人契約機、店頭で申し込みをした場合は基本的にその日のうちに結果が出ます。審査に通った後はカードが発行されるので、それを利用してATMなどでお金を借入することが出来るようになるのです。また、パソコンからの利用も可能なので、ATMが近くに無くても手軽に利用することが出来るでしょう。

返済できるかどうかを判断することも重要

このように申し込み方法と審査についてしっかりと理解をしておくことで、即日に借入を行うことは十分に可能でしょう。土日や祝日であっても多くの消費者金融は即日融資に対応しているので、事前に土日祝日でも利用可能かを調べた上で申し込みを行うようにしましょう。

ただ、インターネットなどでの申し込みの場合、即日に利用するためには14時までに申し込みをすることが条件となっているケースが多いのでその点は気をつけておくべきです。ただ、14時を過ぎても店頭での申し込みであれば即日融資を受けることが可能になることもあります。この点は会社によって多少異なってくるので、インターネットのサイトで複数の会社を調べてみるべきです。

また、借りたお金は金利分を含めた金額を返済することが必要となりますので、借入を行う前に金利分を含めて返済額がどのくらいになるのかを調べておくことは非常に重要です。利用する消費者金融を選ぶ際に金利が低いところを優先して選んでも良いです。

その金額を返済期日までに確実に返済することが出来るかどうかを判断しましょう。可能であれば返済計画などを作り、計画的に返済を行っていくと良いでしょう。

hituyousyoruiteizi

カードローンやキャッシングなど、消費者が消費目的のために利用できる融資サービスはさまざまなものが用意されるようになりました。

「怪我をして医療費が必要だ」というような場合や「友人の結婚式のご祝儀が用意できない」といったような時にこうした融資サービスは非常に頼りになるものになってくれることでしょう。
ただ誰でもすぐに借入が出来るのかと言われればそう言ったことは無く、借入に際しては必ず申し込みをして、そして審査を受ける必要があります。

審査の中でもし貸し付けても返済をしてくれる可能性が低いだろうとして判断されてしまったのであれば、残念ながら融資を受けることはできません。
またこの審査についてもいきなり何も持たずに行って話し合いだけで完了するというようなものではありませんから、これから融資を受けたいというような場合には事前に準備をしてから行く必要があります。

必要書類を持ってこなかったから二度と利用できないということはありませんが、もし必要とされるような書類が足りなかったのであれば改めてそれを用意してから申し込みをし直すということになるので注意が必要です。
さて、それでは借入の審査を受けるためにはどういった必要書類があるのかこれから見ていきましょう。

審査で必ず用意するべき必要書類

まずどのような業者でも絶対に必要になる書類についてですが、これはまず「身分証明書」が挙げられます。
借入をしたあとは返済をしていかなくてはならず、そしてその返済は申し込みをした本人が責任を持って行っていく必要があります。

返済をしなくて良い借入と言うものは公的融資などを除いてありませんから、本人確認書類は絶対に必要です。
具体的には健康保険証や運転免許証、パスポートなどが該当しますのでいずれかを持っていくようにしましょう。

ただし引越し直後などで住所が身分証明書と異なる場合には、現在の住所を証明できるような書類が必要になります。
事前に手続きをして書類に記載されている住所を更新しておくことが最も良い方法ではありますが、それが間に合わないようであれば自宅に送付されてきた公共料金など住所が証明できる手紙を持っていくことが求められます。

また個人事業主の場合はこの本人確認書類のほかにも確定申告書など、事業の収益性を証明するための書類が必要になりますから事前に準備をしておくようにしてください。
これらの書類を持っていった後は業者が提示する書類に必要事項を書き込んでいき、あとは審査を受けるという形になります。

状況によって求められる必要書類

さて、基本的に必要な物としては先ほど述べたものになりますが、実は状況によっては先ほどの書類のほかに必要なものが出てくることもあります。

特に注意が必要なのが借入を希望する金額が一定額を超える場合です。
50万円以上などそれぞれの業者が設定する以上の限度額の借入を希望する場合には、総量規制の枠内で収まるかどうかを確認するために源泉徴収票など現在の収入を示すための書類の提示が求められることになります。
加えて別のケースとしてあるのが配偶者貸付制度を利用する場合です。

これは専業主婦が融資を受けるための方法であり、配偶者である夫の年収額を参照して審査を受けることになります。
この夫の収入を参照するという必要がある以上、そこでは夫の年収を示す源泉徴収票などを提示する必要があるでしょう。
また「在籍確認をしないでほしい」というような要望を持っている場合、在籍確認の代わりになる書類も持って行った方が無難です。

具体的には社員証や直近数カ月分の給与明細が該当するでしょう。
また健康保険証が社会保険証の場合はそこに勤務先企業名が入っていますから、それを使って在籍確認の代わりにすることができることもあります。

ただ業者によっては在籍確認は電話でだけ行うと言うようにしていることもありますので、ここについては適宜確認の上用意するようにしてください。

必要書類を偽装したらどうなるの?

ここまでで述べてきた必要書類はいずれも借入審査で提出が求められた場合、嘘偽りなく提出しなくてはなりません。
そのため失業中であるにもかかわらず嘘の給与明細を自作して持っていったり、他人の健康保険証を使って勝手に申し込みなどをすることは禁じられています。

確かに状況によっては他人の情報を使った方が審査は通過しやすくなることもあるでしょうが、しかしながらそれでは本来必要なチェックが行えなくなります。
もしそれが露見したのであれば契約解除は免れないものになるでしょうし、その時点で借入をしていた場合には一括返済が求められることもあり得ます。

加えて最悪の場合私文書偽造の罪に問われて懲役刑が科せられることも考えられますから、必要書類を偽装するということだけは絶対にしてはいけません。
もしどうしても必要書類が用意できそうにないと言うような場合には、まずはこれから審査を受けようとしている金融機関に対して電話などで質問をしてみることをお勧めします。

例えば個人事業主が何らかの事情で確定申告書を用意できないというような場合には、納税証明書など別の書類での代用を提案してくれることもあります。
他人の情報を使って申し込みをしても良いことは一つもありません。
申し込みの際には正々堂々と自分の名前と情報を使うようにしてください。